ほっかいどう景観だより

日本造園学会で「北の造園遺産」候補を募集中!

2016年2月15日

「北の造園遺産」とは、北海道内にある造園・ランドスケープに関わる空間のうち特に優れたものを、(公社)日本造園学会北海道支部が認定しているものです。

平成22年に函館公園が第1号となって以来、これまでに25件の公園、庭園、並木道などが認定されています。

また、全国的に、「ランドスケープ遺産」として、将来に向けて保全を検討すべき対象を把握し記録に残す取組みも行われており、道内では、北の造園遺産を含む約150件が収集されています。

 

身近なところや旅行先で気付いた場所など、様々な造園やランドスケープに関わる事例を募集しているということですので、推薦したい候補が思い当たる方は、ぜひご応募ください。

 

■応募締め切り 平成28年3月31日
■応募資格 どなたでも応募できます。


↓詳しくは下記のページをご覧ください。
「ランドスケープ遺産」及び「北の造園遺産」候補の募集について(日本造園学会北海道支部)このリンクは別ウィンドウで開きます


(M.K)