ほっかいどう景観だより

11月のカレンダーを作成しました。

2014年10月27日

11月のカレンダーは、芽室町より「新嵐山展望台から見る十勝平野」の写真を提供いただきました。

カレンダーダウンロードページ

食料自給率1100%の農業王国十勝の一角を担う芽室町は、スイートコーン生産量日本一のまちです。

新嵐山展望台から見る景観は、“THE 十勝”と言える、見事な十勝平野を望むことができ、平成18年に「芽室遺産」に登録されました。

パッチワークのような畑、真っ直ぐに並ぶ防風林、河畔林。
長年の人々の営みが生み出した景観は、次世代に引き継ぎたい、このまちの宝物です。

 

季節によって、また時間帯によって、その姿は変わります。11月は、紅葉と太陽の光により赤く輝き、青空と白い雲、さらに撮影の日は虹がかかり、その姿をより美しく演出しています。

 

平成25年から、この展望台にて10日間だけの幻のカフェ、「天空カフェ」が開設されています。
景観を楽しみながら地元産食材で調理されたメニューを食す空間は、非日常的な特別な空間を創り上げ、感動と癒しの贅沢な時間を過ごすことができるそうです。
「食と景観」は、まちの魅力を発信する大きなキーワードとなりそうですね。

 

日々姿を変える十勝平野の魅力を、芽室町の新嵐山展望台から是非一度ご覧ください。


(M.K)